現在7ヶ月の次女ですが、先月から離乳食始めました。

5ヶ月半くらいになった頃から、あぁ…もうすぐ始めなきゃいけないのか…とプチ憂鬱になり、

「始めちゃったら毎日続けないと…と思うと、なかなか始めることができなくて…」

という当たり前すぎるが腰の重たい話を長女のクラスのお母さんにしたら、とても共感していただけて。

あぁ、離乳食憂鬱になるの、私だけじゃなかった…!

と嬉しくなりました。

そんな面倒くさい気持ちが潜んでいるからか、人生3回目の離乳食のくせに、
冷凍したおかゆをチンしすぎで爆発させる
という失敗を、既に2度も繰り返してしまってます…。

うっかりチンしすぎると、液状のトロトロのおかゆで電子レンジ庫内がベッタベタ。そして中身がほぼほぼ残っていない器。

私はこの現象を、「おかゆの家出」と勝手に呼んでいます。

わーい!おかゆが逃げ出した!←現実逃避

そしてなんとなくですが、次女に白い目で見られているような気がします。

気のせいですけどね!

今年は、電子レンジを綺麗に使おうと思います…!

さて、ここからが本題です。

次女の離乳食を始めようと思っていた前日、部屋の片付けをしていたときに2冊のノートを見つけました。

そのノートは、長女のときの離乳食記録でした。

<14日目>
・10倍がゆ 大さじ2
・にんじん&かぼちゃ 大さじ1

といったように、毎日何をどれだけ食べさせていたかという記録を、離乳食終了まで書き続けていました。

離乳食を始めたばかりのころは食べさせてどんな反応をしていたかや、おかゆを作る分量なんかもメモ。

これがもう、めちゃくちゃ参考になるんです!

与えるものも量も、このノート通りにしていけば離乳食が終わるって感じなんですよ。

昔の私、ありがとう!

きっと益々ズボラになっていくであろう未来の自分を想定して、面倒くさいと思いながらも毎日欠かさず記録していたんだと思います。

最初の離乳食は、本やレシピなどを参考に毎日試行錯誤をして進めていきますよね。

これ、ほんと~~~~に大変だと思います!

でもその大変さ、繰り返したくないですよね。

離乳食記録、ほんとおすすめです!

まぁそもそも、育児日記をちゃんと付けてる人にとっては「え?何言ってんの?」って話ですよね、すみません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA