裁縫の基本

糸の取り方 玉結び 玉止め

● 糸の取り方

縫い糸を針に通すときに、「1本取り」と「2本取り」という2つのやり方があります。

1本取りとは

「1本取り」・・・糸を1本(そのままの細さ)で縫い付ける場合
しっかりとした太い糸や、細い糸でも細かい所を縫い付けるときなどに使用します。

1.針に糸を通します2.糸先に玉結びをします3.縫い付けていくとこうなります

※玉結びはページ下部にてやり方をご紹介しています。

2本取りとは

「2本取り」・・・糸を2重にして2本で縫い付ける場合
しっかりと縫い付けたいときなどに使用します。

1.針に糸を通します2.糸先を揃えます3.糸端を2本一緒に玉結びをします4.縫い付けていくとこうなります

コサージュ作りでは、糸の取り方の指定は特にしていません。
ご用意された糸の細さによって取り方を決めてください。

★ミシン糸や細めの手縫い糸の場合
・・・2本取り
★太めの手縫い糸の場合
・・・1本取り

をおすすめします!

● 玉結び

糸を針に通して縫い付ける前に、糸が生地から抜けないよう、糸端に作る玉のことを「玉結び」と言います。
縫い始める前に必ず行います!

1.針に糸を通します2.糸端に針先を乗せます※2本どりの場合
3.針先の右側の糸を2回巻き付けます4.巻き付けた糸を引っ張り針と糸のすき間をなくしてから5.引っ張った状態のまま巻き付けた糸を親指で押さえます
6.押さえたままで針を引き抜きます7.最後まで引き抜くと玉結びができます8.玉結びの横の余分な糸端を切って完了です!
● 玉止め

縫い終わった糸が抜けてしまわないように、縫い終わりの糸に作る玉のことを「玉止め」と言います。
縫い終わりに必ず行います!

1.縫い終わりの糸の横に針先を置きます2.針先に右側の糸を2回巻き付けます3.糸を引っ張りすき間をなくしつつ縫い終わりの部分へ近づけます
4.引っ張った状態のまま巻き付けた糸を親指で押さえます5.押さえたままで針を引き抜きます6.玉止めの横の余分な糸を切って完了です!
玉止めを隠したい場合
7.縫い終わりの糸が出ている部分に針を刺して8.針を引き抜きます9.生地の中に玉止めが隠れてから糸を切って完了です!
トップページへ