糸の取り方

糸の取り方

縫い糸を針に通すときに、「1本取り」と「2本取り」という2つのやり方があります。

1本取りとは

「1本取り」・・・糸を1本(そのままの細さ)で縫い付ける場合
しっかりとした太い糸や、細い糸でも細かい所を縫い付けるときなどに使用します。

2本取りとは

「2本取り」・・・糸を2重にして2本で縫い付ける場合
丈夫に縫い付けたいときなどに使用します。

コサージュ作りでは、糸の取り方の指定は特にしていません。
ご用意された糸の細さによって取り方を決めてください。

★ミシン糸や細めの手縫い糸の場合・・・2本取り
★太めの手縫い糸の場合・・・1本取り

をおすすめします!

玉結び

玉結び

糸を針に通して縫い付ける前に、糸が生地から抜けないよう、糸端に作る玉のことを「玉結び」と言います。
縫い始める前には必ず行います!

玉止め

玉止め

縫い終わった糸が抜けてしまわないように、縫い終わりの糸に作る玉のことを「玉止め」と言います。
縫い終わりには必ず行います!