やばい!もう12月になってしまった!
ウカウカしてたら今年が終わってしまう…!

なんて焦ったのも束の間、今年もあと10日を切ってしまいました。
時の流れというのを年々早く感じます。
あっという間に30代が過ぎ去ってしまうのではないかと、少し身震いをしているところであります。

11月から公私共になんだか忙しく、気が付けばもう年末のご挨拶をしなければならなくなってしまいました。
今年はみなさまにとって、どんな1年だったでしょうか?
去年の今頃は、まさかコロナでこんな世の中になっているだなんて、誰も想像してませんでしたよね。
来年の今頃は、どんな気持ちで年の瀬を迎えているのでしょうか?

・・・なんて考えてたら、あっという間にまた時が過ぎ去ってしまいますね。
考えないようにしておきましょう。

今年は私にとっても、大きな変化の年となりました。
1月半ばに当店をオープンし、素敵な出会いがたくさんありました。
6月には新築した家が建ち、8年半過ごしたアパート生活とお別れをしました。
新しい家には、快適の2文字以外の言葉が見つかりません!

この年末年始は、新しい家で迎える初めての年末年始となります。
とは言いますが、実は過去アパート生活をしていた間の7回訪れていた年末年始は、アパートで過ごしたことがありませんでした。
決まって、31日の夜には夫の実家へ泊っていたからです。
(車で5分の距離なのですが)

なぜかというと、まぁこれは私だけの内なる理由になるのですが、
お義母さんの作る年越しそばを食べるため
なんですね。

初めて食べたのは、夫と付き合って2年目の大晦日。
当時新築だった夫の家へお邪魔していたところ、年越しそばをご馳走になったのですが・・・
ちょっと軽く言葉を失うくらいに美味しくて。
鶏ガラをじっくり煮込んで作られたそばつゆが、とっても美味しくて。
人生ではじめてそばつゆを全て飲み干しながら、文字通り完食したのです。

(結婚したら、これが毎年食べられる・・・!?)

なんて、思ったり思ってなかったり。
あ、もう結婚することは決まっていたので、別にこれで結婚を決めたわけではないですが!!

そんなこんなで結婚して8年、毎年大晦日には泊まりに行き、お義母さん特製のそばをいただいて幸せになっていたわけであります。

しかし、我が家も新築し、家を持ちました。
「今年の年越しは、家でしようかと思って」
先日義実家へ遊びに行ったときに、夫がそう話すではないですか。
「もうアパートじゃないし家もあるし、泊りに来るのは変かと思って」
と話す夫に、そうね~と納得するご両親。

夫の言うことはわかります。
いや、普通に考えてやっぱりそうなりますよね!と思いつつも・・・

「私は正直なところ・・・お義母さんのおそばが食べられないのがめちゃくちゃ残念です・・・」

と率直で正直な気持ちを話したところ、泊りはしないけど年越しのそばは一緒に食べることになりました!
「今年はお父さんと二人なら、何もしないで楽しようかな」なんて言っていたお義母さんですが、私の熱意に免じてくれました!

そのうち、お義母さんの作るそばつゆの作り方を教えてもらった方がいいだろうなぁ・・・なんて心の片隅では思ってはいるのですが。
もうちょっとだけ、甘えて食べさせていただこうかなぁなんて思っている私であります。

みなさまもご家族とあたたかな年越しをされ、良いお年をお迎えくださいね。

今年は、みなさまのおかげで良い出会いのあった1年となりました。
ご愛顧いただき、ありがとうございました!
来年も当店を、カノンの糸をよろしくお願いいたします。